YKB

米子高専放送部ホームページ

我々、米子工業高等専門学校(米子高専)放送部は、映像や音声によるドキュメント番組やドラマ・映画作品づくりを行っており、それらの制作技術やアナウンス技術を磨くことを目的とした部活動です。

 

毎月、ラジオ番組「米子高専×エンジンピープル」を制作し、鳥取県西部とその周辺を放送エリアとするコミュニティFM局DARAZ FMにて放送しています。

テレビ番組「米子高専Cross Over A(クロス・オーバー・エリア)」も年に2~3回制作し、鳥取県西部を放送エリアとするケーブルテレビ局中海テレビ放送のパブリック・アクセス・チャンネル(311ch)にて放送しています。

これらの番組では、米子高専の魅力的な情報や米子高専生の話題、さらには我々が創作したドラマ・映画などをお届けしています。入学式、卒業式、高専祭など行事の記録撮影や学校紹介ビデオの制作といった活動も行っており、学校広報のお助け役でもあります。

学外のコンテストへの参加も活発です。放送部の甲子園と言われる「NHK杯全国高校放送コンテスト(Nコン)」は県予選を突破すると7月に東京で開催される全国大会へ参加できます!これを楽しみに頑張っている部員も少なくありません。

近年は、「高校生のためのeiga worldcup」にも参加しており、3年生以下で夏休みに映画を制作するのが恒例になっています。この大会では、全米大会やフランス高校映画祭などへの推薦も得られるので、国際的な舞台にも進むチャンスもあります。

11月には鳥取県高校総合文化祭が開催され(本校は高等学校文化連盟に所属していないため県大会はオープン参加)、ここで選出されると1月に開催される中国地区高校放送コンテストにも参加ができます。

4年生以上も、NHK全国大学放送コンテストや多数ある映画祭など活躍の場があります。これらには、個々のペースに合わせて参加、不参加を決め、専門の勉強と両立させながら頑張っています。

最近は、地元の3分映画宴(米子映画事変)、よなご映像フェスティバル、さらには香川県のさぬき映画祭に出品させていただいています。平成30年度からは、米子市と連携し「休眠怪獣シロヤマ」をはじめとした米子市PR動画の制作を行っています。

 

番組制作では、地域の話題を扱うことが多く、学外へ取材に出かけて地域の方々にお世話になっています。ただの学生生活では目にすることのない地域の姿に触れることができるのも放送部の魅力です。

学校の情報を伝えるために米子高専のことにも詳しくなっていきます。米子高専生として充実した活動ができる!そんな部活動です。