全国高専の先駆けともなった「米子高専振興協力会」の歴史は古く、遡ると鳥取県東・中部の企業でつくる「米子高専振興協力会」(平成3年12月発足・19社) と鳥取県西部及び島根県東部の企業等でつくる「米子高専中海振興協力会」(平成7年7月発足・56社・米子市)が平成14年7月に統合し(当時75社)、現在に至っています。 本協力会は、米子高専と会員企業との交流・親睦を深め相互理解を図ると共に、米子高専の教育・研究の振興・充実・発展、そして民間等との共同研究の助成など産官民学連携の推進、以て地域社会の発展に寄与することを目的としています。

pdfファイル「振興協力会会則」

組織

 会  長 森脇  孝(株式会社菊水フォージング 代表取締役社長)
 副 会 長  藤居 忠弘(株式会社KSソリューションズ 顧問)
   〃   片山 良孝(美保テクノス株式会社 専務取締役)
   〃   羽馬 好幸(気高電機株式会社 代表取締役)
 事務局長  杉本 武司(協同組合米子鉄工センター専務理事)

事業内容

 ・情報交換会 ・技術交流会 ・研究発表会 ・共同研究
 ・委託研究 ・広報活動 ・企業見学会 ・高専見学会 等

会員企業

 

企業ガイドブック

企業ガイドブック2

 企業ガイドブック原稿ひな形

 ・wordファイル企業ガイドブック原稿(DOC:93kB)

 ・wordファイル求人・インターンシップ情報(DOC:41kB)