国際交流について

目的

●我が国が国際社会に果たす役割と重要性を認識し、相手国の宗教・文化・行動特性・価値観の違いを理解した上で
   コラボレーションでき、自らの専門性をも発揮できるタフな人材を育成する

●30年以上に及ぶ地域連携・貢献実績を活かした地域の国際化・国際競争力強化、そして環日本海ゲートウェイ
   拠点校として他高専の国際化・国際競争力強化に貢献することを目的に、グローバル人材として、 

  • 何事にも主体的・積極的に挑戦し、協調性や柔軟性、
    責任感や使命感を持って最後までやり遂げる人間力
  • 日本人としてのアイデンティティーを持ち、
    相手国の宗教・文化・行動特性・価値観の違いを理解した上でコラボレーションできる
    グローバル・リテラシー
  • コミュニケーション・ツールとしての語学力を基本とし、
    グローバル社会における具体的な業務遂行のための意思伝達能力、
    コミュニティにおける自己表現力と合意形成能力、
    状況に応じ最も効果的なコニュニケーション・ツールを選択し使いこなせる
    グローバル・コミュニケーション能力

以上3つの観点を挙げて、その育成を図るため各種国際交流プログラムを実施しています。


  • インドからの受入

  • ベトナムからの受入

  • 米国からの受入

          • 米子高専-南ソウル大学校環境研修
            (記念植樹の様子)

          • 南ソウル大学校と国際交流協定締結

             海外研修旅行(韓国文化体験研修)・教職員派遣研修


          • <交流授業>

            • <サムスン・イノベーション・ミュージアム>