創立及び発展の概要

本校は、鳥取県及び米子市の熱心な誘致の努力と多大な支援によって、昭和39年4月国立工業高等専門学校として設置されました。当初は、機械工学科、電気工学科及び工業化学科の3学科・総定員600名でしたが、その後、昭和44年に建築学科が、 また昭和62年には電子制御工学科が増設され、5学科・総定員1,000名の学校になりました。平成6年には工業化学科が物質工学科に改組され、平成16年には電気工学科が電気情報工学科に名称変更、また同じく平成16年に専攻科の新設など創設以来絶えず時代の要請に応える努力をしています。
本校は創立以来前述の高専制度の特質を活かして教育成果をあげてきましたが、高校生及び外国人にも門戸を開いて高等教育を学ぶ場を提供しています。工業高校生は昭和52年から、外国人留学生(主に東南アジア出身)は昭和61年から受け入れています。 また普通科高校生についても平成3年から編入学を認めています。
本校はまた、地域社会への貢献と連携を当然の務めと考え、教育及び研究の成果を毎年公開講座等により社会に還元しています。そして地域産業への研究協力及び地方自治体の施策の企画立案にも積極的に参画しています。

沿革の概要

昭和39年3月20日第1期工事完工
4月1日米子工業高等専門学校(機械工学科、電気工学科、工業化学科)発足
4月18日開校式及び第1回入学式挙行
昭和40年3月20日第2期工事完工
昭和41年3月20日第3期工事完工
10月30日校舎等落成式挙行
昭和42年4月1日事務部制施行庶務・会計の2課設置
昭和43年3月14日第3種陸上競技場公認
3月20日武道場新営
7月31日水泳プール新営
昭和44年3月18日第1回卒業式挙行
4月1日建築学科新設
昭和45年3月25日建築学科棟新営
4月1日事務部に学生課設置
10月31日低学年寄宿舎増改築
昭和48年3月27日図書館新営
昭和49年2月20日電子計算機室新営
11月7日創立10周年記念式挙行
昭和53年12月27日第2体育館新営
昭和56年5月30日校舎新営
昭和59年10月27日創立20周年記念式挙行
昭和60年3月27日福利施設(白砂会館)新営
昭和62年4月1日電子制御工学科新設
昭和63年1月25日高電圧実験室新営
10月20日電子制御工学科棟新営
平成5年3月29日寄宿舎新南寮・女子寮等新営
平成6年4月1日工業化学科を物質工学科に改組
11月18日創立30周年記念式挙行
平成8年3月19日物質工学科棟新営
平成14年2月7日講義棟新営
平成15年3月28日校舎全面改修
平成16年4月1日独立行政法人国立高等専門学校機構
米子工業高等専門学校発足
専攻科(生産システム工学専攻、物質工学専攻、建築学専攻)設置
電気工学科を電気情報工学科に名称変更
平成18年2月20日専攻科棟新営及び実習工場(ものづくりセンター)改修
平成22年3月29日留学生寄宿舎改修
平成25年4月1日教員組織一般科目を教養教育科に名称変更
平成26年3月28日図書館情報センター改修

校舎建設の様子

校舎建設の様子