機械工学科

未来を支えるエンジニアに!

機械工学では、熱力学、流体力学、材料力学、機械力学の四力学を基礎とし、コンピュータ化に対応したハードウエアと ソフトウエア技術を学びます。身の回りにある工業製品は、すべて機械によって造られていて、機械工学は技術社会を支える基盤といえます。毎年多くの求人があり、航空機、自動車、船舶、電機、医療機器メーカーなどはもちろん、製薬、化粧品などの化学系や電力、ガスなどのエネルギー系など幅広く進路を選択することができます。また、日々の勉強をしっかり心がければ、国公立大学、専攻科などへも充分合格できます。高専ロボコンにも力を入れており、機械工学科の学生を主体として1年から5年で一つのチームを作っています。

  • 技能伝承システム研究

  • プログラム・CAD

  • 流体力学デザイン

  • 学生実験

  • 温泉熱発電システム研究

  • 設計製図

  • ロボット型電気自動車(学生製作)

  • 機械工作実習