教養教育科

技術者としての土台を築く。

教養教育科は、社会人として必要な知識・技能を教授し、人格を形成し、教養を豊かにするとともに、専門教育を修得するための基礎的な能力を育成することを目標としています。そのため全授業時間の49%が教養教育科が担当する授業(一般科目)に割り当てられています。
高専卒業生は国内はもとより海外で、また生産現場から研究・開発に至るあらゆる部門で活躍します。
絶えず進歩発展する技術社会に適応し、やり抜いていく技術者として、学生には豊かな人間性、広い視野、行動力、創造性が期待されます。
そうした土台を築く上で教養教育科は重要な役割を果たしています。

  • 体育の授業(ゴルフ)

  • CALL教室を利用した英語の授業