平成27(2015)年11月1日(日)~4日(水)くにびきメッセ(島根県松江市)において、国際シンポジウム 10th ISEM '15-Matsue(The 10th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics)が開催されました。
 この国際シンポジウムは、実験力学における先端科学技術に関する研究発表を行うものです。3日のポスターセッションにおいて、機械工学科5年生と専攻科生産システム工学専攻の学生が、以下4件の研究成果を発表しました。ポスターセッションでは、専攻科2年 松田拓巳君が奨励賞を受賞しました。

<機械工学科ホームページ>   http://www.yonago-k.ac.jp/kikai/
<10th ISEM '15-Matsue HP>  http://www.jsem.jp/ISEM10/poster-presentation.html

(1) “Study of Growth Promotion of Agricultural Products by Ground Heat Soil Warming”
  地中熱地中加温栽培による農業生産物の生育促進に関する研究:機械工学科5年 勝部侑磨,竹内大貴

(2) “Phase Change Characteristics of Nanosuspension as Latent Heat Storage Material”
  ナノサスペンション型潜熱蓄熱物質の相変化特性:専攻科1年 平田光樹,機械工学科5年 長谷知将

(3) “Study of Heating and Cooling Characteristics of Working Fluid Including Phase Change Material”
  相変化物質を含有する作動流体の加熱冷却特性:専攻科2年 谷村幸太,機械工学科5年 田川敬太

(4) “Application of Numerical Simulations for Heat Treatment”
   熱処理への数値シミュレーションの応用:専攻科2年 松田拓巳

 

           1   2

           3   4