政治,経済,文化,そして産業など,あらゆる分野で“グローバル化”が加速する中,この度米子高専では本校における「国際理解教育」,更に「グローバル人材教育」の推進を目的に,海外協定校である南ソウル大学校との国際交流協定に基づく学生交流を中心とした韓国文化体験研修として「第2回米子高専海外研修旅行(韓国文化体験研修)及び第3回国際交流協定に基づく教職員派遣研修」を実施しました。

 3/1 夕食歓迎会

学生15名,教職員8名が南ソウル大学校(韓国・天安市)を訪問し,交流授業(南ソウル大学校),企業見学(サムスン・イノベーション・ミュージアム,水原市),歴史・文化施設見学(水原市,龍仁市,ソウル市),フィールド・ワーク(ソウル市)等を通して学びました。

3/2 華城

 

今年度から研修日程(レベル)を2通り設け、平成28年3月1日(火)~4日(金)は前年度実施内容と同等の韓国研修旅行及び職員研修旅行を,やや長期の滞在となる3月1日(火)~8日(火)は昨年度の研修旅行に参加をした学生を中心に「ステージアップ研修」と位置付け,後半4日間において,より高度な国際コミュニケーション力が試される内容を行うものとして実施しました。

3/2 SIM

 

この研修旅行において最もお世話になった南ソウル大学校・安秉杰(アン・ビョンゴル)教授は,「自ら考え発言して行動に移し,至らぬ点は教訓として改善に結びつける」,そのような人格形成教育を,毎年,日本で行う環境研修などを通じ一貫して実践されています。今回の研修旅行中,その南ソウル大学校生達が受入カウンター・パートとして本校学生達をお世話してくださったこともあり,参加学生レポートでは,「韓国の学生の優れた語学力(英語・日本語)はもちろん,彼らの積極性の高さには大変刺激を受けた」また,「現地で実際にその土地の自然・歴史・文化・生活・産業・人を肌で感じ,お互いを理解することの重要性を実感した」との感想を多く見受けました。

3/2 グループセミナー

 

3/3 景福宮

 

後半4日間のステージアップ研修では南ソウル大学校プログラムとして臨津江,烏頭山統一展望台見学・共同授業への参加,群山大学校プログラムとして群山大学校の学生とのエクスカーション・ホームステイ・キムチ作り体験など,より内容の濃い海外研修が行われました。参加学生は「コミュニケーション力に自信がついた」,「客観的に日本の長所と短所を見つめ直すいい機会となった」,「将来的に海外勤務をしたい」などの感想を述べており,この研修を通し,グローバル人材として花開く直前のつぼみの段階まで自身を高めることができたようです。

3/5 鳥頭山統一展望台

 

3/6 群山にて

 

3/7 キムチ作り

 

 米子高専は,他高専の海外研修旅行や中国地区高専合同研究発表会の実施に向け南ソウル大学校との連絡・調整を行うなど,環日本海ゲートウェイ拠点校として,他高専の国際化・国際競争力強化にも協力していきます。

3/8 修了証記念写真