平成28年3月25(金)、26日(土)につくば国際会議場で行われた「つくばサイエンスエッジ2016」において、物質工学科2年藤沼絢音さん、岡あまねさん、同3年前田千澄さんの研究発表が日本語ポスターセッション賞に選出されました。
 本大会では国内外195チームの学生による高校生世代の化学研究の成果発表が行われました。本校学生チームは「食品廃棄物を材料にして発電装置を作成する研究」という題目で日本語ポスター発表に出場し、その発表が一般審査員と学生投票を総合した結果、141件の発表中で第2位となりました。

大会結果HP:https://www.jtbbwt.com/ScienceEdge/cmn/pdf/sokuhou_2016.pdf

 1 2