平成29年3月4日(土)、5日(日)に筑波大学にて開催された、文部科学省主催第6回サイエンス・インカレにおいて、本校電気情報工学科、物質工学科の学生が優秀な成績をおさめ、表彰を受けました。
 本発表会は大学学部生、高専生へ研究発表を行う機会を与える目的で、平成23年度に開始した研究発表会です。今回は平成28年11月下旬〆で提出した研究成果レポートにより発表者の選抜が行われ、本校からは7件の研究が採択され、発表を行いました。
 大会本戦1日目は、46件の口頭発表選出者による予選審査と134件によるポスター発表審査が行われ、学生は自らの研究成果をまとめた資料をもとに、大学教員らによる審査員や参加者へのプレゼンを行いました。
 2日目は、優秀発表者による口頭発表があった他、表彰式が行われ、本校学生の研究3件が入賞しました。本大会での米子高専学生の入賞は6年連続であり、特に文部科学省表彰(サイエンス・インカレ奨励表彰等)は、4年連続6件目の受賞と、安定した活躍を示す結果となりました。

大会HP:http://www.science-i.jp/ 
文科省報道:http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/1383477.htm

<受賞名・学生氏名> 
○サイエンス・インカレ奨励表彰(文理融合系分野ポスター発表1位)  
 物質工学科5年 泉 拓矢さん、電気情報工学科5年 森田 菜未来さん 
 北海道大学 工学部4年 井田健太郎さん ※H26年度本校物質工学科卒業生  
 発表題目:ちくわに存在するサイエンスを攻究する

○サイエンス・インカレ・コンソーシアム奨励賞(DERUKUI賞、工学系分野ポスター発表)  
 電気情報工学科5年 田中 健太さん、同4年 中村 将大さん  
 発表題目:水に浸けるだけ!!~超伝導を壊す逆転発想~

〇各協力企業・団体賞(東京エレクトロン賞、工学系分野口頭発表)  
 電気情報工学科5年 谷村 凌さん、同4年 大田 修太郎さん   
 発表題目:Bi系高温超伝導ウィスカーの新規育成法~世界最長を目指して~

 ※学年は平成28年度のもの

 

  1 2

  3 4