平成29年11月11日(土)に、パリのポンピドゥーセンターで開催されたFestival CinéLycée(フランス高校映画祭)にて、米子高専放送部が制作した映画「妄想したってイイじゃない!」(監督:建築学科3年河本幸樹・主演:電気情報工学科2年升田乃愛)が招待上映されました。

 本作は、昨年度のNPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2016」において最優秀作品賞を受賞した作品です。eiga worldcupの事務局がフランス高校映画祭と昨年度提携し、最優秀作品を上映していただく運びとなりました。この招待上映による交流は、昨年のフランス高校映画祭から始まり、日本の作品が上映されるのは今回が2回目となります。米子高専放送部の作品が海外で上映されるのも初めてのことです。
 上映にあたっては、32分間ある作品が長すぎるとのことで、編集して15分間に短縮しました。さらにフランス在住の日本人スタッフの方にフランス語字幕を付けていただきました。フランス人のスタッフには、字幕が付くまで、なかなか作品の面白さを理解していただけなかったようですが、字幕が付いたことで、非常に高い評価をいただくことができました。映画祭の模様は、下記URLにてご覧いただけます。


Festival CinéLycée(フランス高校映画祭のサイト)
http://festivaldufilmlyceen.free.fr/

高校生のためのeiga worldcup2016入賞についての記事
【放送部】「高校生のためのeiga worldcup2016」2冠達成!