平成29年10月17(火)~19日(木)にタワーホール船堀(東京都江戸川区)で開催された、第7回CSJ化学フェスタ2017(主催:日本化学会)において、5年物質工学科谷藤研究室所属の田中裕真さんが優秀ポスター発表賞に選出されました(1073件中の発表から198件選出)。本校からの入賞者は二年連続で二人目です。
 田中さんは「ナノカーボンとの相互作用増大による有機硫黄系活物質の充放電耐久性の改善」という題目で、次世代の規格を目指した高容量リチウム二次電池素材となる有機材料の性能を昨年から大幅に改善した研究成果を発表することにより、今回の受賞に至りました。田中さんの学会表彰は9月のヨウ素学会シンポジウムの最優秀ポスター賞に続いて二回連続の快挙となります。

 

2