平成29年11月11日(土)から12日(日)に鳥取市で開催された、2017年日本化学会中国四国支部大会(主催:日本化学会中国四国支部)におけるポスターセッションで、物質工学科5年の小林怜加さんと同2年田中泰斗くんの発表が、197件の発表の中から優秀ポスター賞に選出されました。
 小林さんは「正極活物質中のナノカーボン成分の検討による有機系Li二次電池の実用的改善」というタイトルで、二次電池を改善する機能を有する正極材料を創製するための基礎研究に関する成果について発表しました。田中くんは「植物果肉組織の褐変を用いてUVクリームの機能を評価する試み」というUVクリームのSPF評価に関する試験方法の改善に取り組んだ発表内容が審査員から高い評価を受けました。 この他にも、本校物質工学科全体からは口頭・ポスター含めて29件の発表が行われて、大会を盛り上げていました。

 

受賞者リスト
https://sites.google.com/site/2017csjwest/home/posuta-shang-shou-shang-zhe