【重要】6月以降の本校の対応について

2020年05月28日

学生・保護者の皆様

校長

6月からの段階的登校と、6/29月曜日からの学校での授業開始について

平素より、本校の教育活動にご理解とご支援を賜り誠にありがとうございます。
この度、5/25月曜日に、特措法に基づく「緊急事態宣言」が全面的に解除されました。
緊急事態解除後でも感染拡大のリスクをゼロにできないこと、概ね3週間ごとに地域の感染状況や感染拡大のリスクを評価しながら、外出自粛やイベントの自粛、施設の使用制限などについて段階的に緩和していくこと、宣言解除後も、密閉・密集・密接の「3密」回避やマスク着用など基本的な感染防止対策を継続し「新しい生活様式」の定着を図っていくこと、感染者の増加スピードが再び高まれば2度目の緊急事態宣言発令の可能性もあることなどが述べられました。
また、県境をまたいでの人の移動については、段階的に緩和し、6/19金曜日以降には全国的な移動が可能となる予定であることが示されました。(内閣府HP参照 https://corona.go.jp/news/

これらを踏まえ、本校では、地方自治体や関係機関等と連携し総合的に判断した結果、現時点において、学生の健康を第一に、誰一人として感染者を出さないよう、感染防止策を徹底したうえで、6月から段階的に登校を許可し、6/29月曜日から全学年登校許可による学校での授業を開始することを決定しました。

現在、感染拡大防止策を講じ、学生の皆さんが心身ともに安心安全で学べるよう準備を進めております。学生の皆さんには、今しばらくは遠隔授業が続くことになりますが、保護者の方々と共に健康に留意しお待ちください。なお、登校あるいは入寮の前2週間については、健康観察記録(健康調査票)をしっかり行い、保存しておくようお願いいたします。
その他、より詳細については、別途、ご案内いたします。
引き続き、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

6/1月曜日~

  • 特別研究や卒業研究の開始
    専攻科2年生、本科5年生の希望者は指導教員と相談し、健康観察と感染防止策を徹底したうえで登校を許可
  • 課外活動の開始:指導教員と相談し、健康観察と感染防止策を徹底し条件付きで許可

6/8月曜日~
希望者対象の「学内での遠隔授業の受講」
自宅ネット環境の支障の有無にかかわらず希望者には、学内Wi-Fi環境を利用しての遠隔授業の受講を計画しております。受講場所と安全確保の準備上、事前に希望調査を行い、段階的にスタートいたします。近県からの通学者も利用可能です。また、自宅ネット環境に支障があるにもかかわらず通学できない学生には、別途、支援を予定しております。
※なお、学内での遠隔授業を希望する学生の調査については後日連絡いたしますので、それまでは学校や担任に直接問い合わせることはお控えください。

6/26金曜日~28日曜日
開寮(2年生以上は26日金曜日入寮、1年生は27日土曜日午後と28日日曜日)
詳細は寮務係からご案内いたします。

6/29月曜日~
全学年登校許可による通常授業
授業形態:面接授業(教員の判断により、遠隔授業も可)
ただし、自宅での授業受講希望者に対しては、別途、遠隔授業や補講にて対応いたします。

8/8土曜日 閉寮
8/11火曜日~14金曜日 臨時休業
8/17月曜日~18火曜日 補講/医工集中講義
8/19水曜日~9/8火曜日夏季休業
9/9水曜日~17木曜日 遠隔授業を実施
9/18金曜日 オープンキャンパス準備(学生休み)
9/23水曜日~29火曜日 前期期末試験(対面方式で実施)

なお、新型コロナウイルス感染拡大の第2波等、今後の状況によっては、上記の日程等を変更する場合があります。その場合には、学生はじめ保護者の方々にできるだけ早く、改めてお知らせいたします。

以上

上へ戻る