感染予防対策の徹底について

学生・保護者の皆様へ

校長 寺西恒宣

平素より、コロナウイルス感染症の感染予防・感染拡大防止にご理解ご協力いただき感謝申し上げます。
皆様のご尽力により、なんとか本日を迎えることができており重ねてお礼申し上げます。
さて、このたび、東京など10都府県を対象に緊急事態宣言が延長され、これに伴って政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会から、宣言対象地域においてさらに徹底・強化すべき対策について提言が公表されました。
このことを踏まえ、鳥取県から、以下の内容等について、学生の皆さん一人一人への周知徹底依頼がありましたのでお知らせします。
本校としては、学生諸君が安心して次のステップに進んで行けるように、県のガイドラインを参考に、より一層、感染防止対策の徹底を図って参ります。
引き続きご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

1 感染防止対策の徹底について
(1)感染リスクが高まる「5つの場面」(飲食を伴う懇親会等、大人数や長時間における飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり)の回避など基本的な感染対策の徹底
(2)サークル活動における感染リスクの高い活動の制限等
(3)不要不急の都道府県を跨ぐ移動の自粛
(4)卒業旅行や謝恩会の自粛
(5)アルバイト先には、感染予防対策の徹底が図られている事業所
  (「新型コロナ対策認証事業所」や「新型コロナウイルス感染予防対策協賛店」 など)を選ぶこと
 
2 新型コロナウイルス感染症に関する情報の周知について
(1)20代の感染者数が他の年代よりも多い実態があること
(2)若者が気が付かずに周囲の高齢者等へうつす恐れがあること
(3)若者でも重症化する場合や頭痛や味覚障害などいわゆる後遺症の報告があること

《参考》大学生等向け新型コロナウイルス感染拡大防止PR動画 (R2.12.22  県広報課作成)
→ https://youtu.be/2kfttyOYznQ

上へ戻る