情報教育センター

施設紹介

メディアラボ1~3は主に全学的な「情報」関連授業に利用されています。
メディアラボ1には、学生用48台・教師用1台、メディアラボ2には、学生用46台・教師用1台の計96台のコンピューターが設置
してあり、1Gbpsの高速ネットワークを介しOSをダウンロードして起動するPXEネットブート方式を採用、高速な起動が可能に
なっています。
また、メディアラボ3には学生用44台・教師用1台の計45台の端末が設置されており、CADが利用できます。
各メディアラボのクライアントはインターネットに常時接続され、MicrosoftのクラウドシステムであるOffice365を利用する
ことができます。

※国立高等専門学校機構では、Microsoft(株)と包括協定を結んでおり、全学生はOffice365を利用できます。
※メディアラボにはプリンタがありません。印刷が必要な場合は、売店等で印刷するか、教員へ相談してください。

メディアラボ1~3

メディアラボ2.jpg

学生用クライアントの構成(メディアラボ1、2)
(1)システム概要
○Windows Server 2016 Standard によるPXEネットワークブート方式
○デスクトップクライアント(ラボ1:学生用96・台教師用1台、ラボ2:学生用94台・教師用1台)
・CPU:Core i5-9500T 6コア 2.20GHz - 最大3.70GHz、Intel UHD Graphics 630 内蔵
・メインメモリ:8GB,SSD M.2 NMVe 256GB ディスクキャッシュとして使用
・ディスプレイ:21.5型(16時9分),解像度:1920x1080
・光学ドライブ:DVDドライブ,Audio出力(通常はミュート)

(2)ソフトウェア
○OS:window10 Enterprise 2019 LTSC(64bit)
○Microsoft Office Professional Plus 2019 (Word、Excel、PowerPoint、Publisher、Access)
○Microsoft Visual Studio 2019/2013
○サクラエディタ
○Atom
○Google Chrome
○KiCAD Ver.5.1.5 64bit
○PSIM Ver.12.0.1 64bit デモ版
○WinPython
○Arduino IDE 1.8.10
















 
学生用クライアントの構成(メディアラボ3)

(1)システム概要
○デスクトップクライアント(学生用44台・教師用1台)
・CPU:Core i5-3470 4コア 3.20GHz - 最大3.60GHz、NVIDIA Quadro P400 搭載
・メインメモリ:16GB,SSD 240GBはディスクキャッシュとして使用
・ディスプレイ:21.5型(16時9分),解像度:1920x1080,LEDバックライト
・光学ドライブ:8倍速DVDマルチドライブ,Audio出力(通常はミュート)

(2)ソフトウェア
○OS: Windows 10 Enterprise 2016 LTSB (64bit)
○Microsoft Office Professional Plus 2016(Word,Excel,PowerPoint,Publisher)
○Visual Studio 2017
○サクラエディタ
○Pspice Lite Edition(*Orcad Familyから名称変更)
○Google Chrome
○KiCAD Ver.5.1.5 64bit
○PSIM Ver.12.0.1 64bit デモ版
○SolidWorks EDUCATION 2019-2020
○AutoCAD Mechanical 2020
○Vectorworks 2020
○Arduino IDE 1.8.10

 

情報ネットワーク

本校は、平成24年度から、校内全域に優先のギガビット・イーサネットと無線LAN(IEEE802.11)設備を配置し、
Wi-Fiによるアクセス利用が可能な環境を整えました。学生が常時ネットワークを用いて情報検索などを行えるようになり、
ICT(情報通信技術)を利用した、より高度な学習が可能となっています。

 

上へ戻る