2013.11.20  米子高専振興協力会「特別講演会」を開催しました

 米子高専では11/12(火)、米子高専振興協力会との共催で特別講演会を開催し、会員及び本校教職員など約100名が参加しました。

 講演会は㈱アクアビット 代表取締役 チーフ・ビジネスプランナー 田中 栄 氏を講師に招き、「未来予測2013-2025~これから世の中はどう変わるか?~」と題して実施。
 同社は中長期的な将来予測を元に、事業戦略の企画立案などのビジネスプランニングを行っています。田中氏は世界動向、今後ビジネスはどう変化するのか、その中で生き残るための戦略などについて事例を示しながら語りました。

 “モノ単体を指向した日本のものづくりの時代は終わり。価値・仕組みを創りだす「モノ創り」への転換が必要” “外国語が喋れなくても、コンピュータが翻訳してくれる時代。莫大な時間と労力を要する外国語修得はもはや不要” などの前衛的な内容に、参加者からは「既成概念を打ち砕かれ、物凄い変革の真只中に居ることが良く分かった」等の感想が聞かれました。

   
 その後、鳥取県立図書館より、ビジネス支援事業として、書店にない専門資料・高額書籍の貸出と、記事・企業情報などを収録した各種有料データベース無償提供の紹介がありました。田中氏が執筆した「未来予測レポート」も収蔵していると聞き、参加者から早速貸出依頼がありました。

 振興協力会からは、この度のロボコン・プロコン・デザコン全国大会出場に際しても寄附金をいただくなど、日頃から密接な連携・支援体制を築いています。今後もこうした会を通して相互理解を深め、地域の発展に寄与していきます。