このたび、本校学生が参加したニュージーランド研修について、帰国報告を行いました。

 NZ2

 

2015年ニュージーランド研修】(822日~97)には、物質工学科1年石原萌さん、建築学科1年岸川陽紀さん、物質工学科2年岩城飛鳥さん、電気情報工学科3年佐伯夏海さん、建築学科3年中村夏帆さんの総勢5名が参加しました。

 

NZ1

 

 本事業は、英語研修、ホームステイ、現地の高等教育機関・企業の訪問などを通じて、英語コミュニケーション能力の向上をはじめ、世界に目を向け、これからの社会で求められる人材に必要な資質を身につけることを目的にしています。

 NZ3

 

   帰国報告では、「自分とは違う価値観や考え方を持っている人々に出会えてよかった。」、「海外で働くという将来の選択肢がもう一つ増えた。」、「家庭ではサラダなど生野菜を食べる機会がほとんどなく、食文化の違いに驚いた。」、「日本の英語授業でも、ディスカッションなど、会話の練習がたくさんできるように工夫が必要だ。」と感想を述べました。齊藤校長からは、「ホームステイや現地学生との交流など、異文化を肌で感じたのは、とても良い経験で、将来の夢に活かしてもらいたい。」と学生を激励し、報告会を終了しました。