このたび、本校学生が参加したサマーキャンプin Singapore研修について、帰国報告を行いました。

SG1

 

中国地区に所在地のある高等専門学校で構成している中国地区高専学生国際交流支援コンソーシアムが主催する【サマーキャンプin Singapore(827日~912)に、物質工学科4年の津田哲昌さん、藤山淳平さんが参加しました。

 

SG2

 

  企業活動のグローバル化が加速するなか、高専が目標とする創造的かつ実践的技術者育成に加えて国際的に通用する技術者が強く求められています。そこで、本事業は、海外での生活体験を通して、異文化理解力、英語コミュニケーション力を向上させるために開催されました。

 SG3

 

 帰国報告では、「海外は初めてで、毎日がカルチャー・ショックだったが、とても楽しかった。」、「アクティブな英語授業をはじめ、現地学生や他高専生との交流プログラムなど、いい経験になった。」と感想を述べました。齊藤校長からは、「この経験を生かし、また周りの学生にも体験を伝えることで、たくさんの学生が海外に目を向けることを期待している。」と学生を激励し、報告会を終了しました。