平成27年11月14日(土)から15日(日)に岡山大学で開催された、2015年日本化学会中国四国支部大会(主催:日本化学会中国四国支部)におけるポスターセッションで、物質工学科5年の坂根すず香さんの研究発表が優秀であるとして、189件の発表の中から優秀ポスター賞に選出されました。
 坂根さんは「有機硫黄化合物と炭素材料との固相混合挙動の検討と電池特性評価」というタイトルで、二次電池を改善する因子となる電極材料を創製するための基礎研究に関する成果について発表しました。坂根さんの学会入賞はハロゲン利用ミニシンポジウムに続いての連続入賞となります。

 

1

2