米子高専では平成28年6月8日(水)に、今年の夏にインターンシップへ参加する本科4年生200名を対象に、インターンシップ激励会と身だしなみ講座を開催した。

 「激励会」では、松本キャリア支援室長がインターンシップの目的や心構え、マナー等について説明し、励ましの言葉をおくった。
 続く「身だしなみ講座」では、メディア総研(株) 採用・キャリア支援事業部 主任 本村 美紀子 氏により、女子学生57名を対象に“女性ならではのマナー”について講義が行われた。髪型や服装といったいわゆる「身だしなみ」だけでなく立ち居振舞いの作法、社会人としてのマナー等について、実演を交えておじぎの練習を行う等一歩踏み込んだ講義となった。参加学生からは、具体的でわかりやすいと大変好評であった。

 学生らは「プレ社会人」としての自覚を持ち、インターンシップに向けて気を引き締めていた。本校では今後も、学生のキャリア教育について、スパイラルアップを図る系統的な支援を行っていく予定である。

 

1

インターンシップ参加学生に向けて励ましの言葉を送る松本キャリア支援室長

 

2

女性の身だしなみについて詳しく説明するメディア総研(株) 本村氏