国立高等専門学校機構は、JICA(独立行政法人国際協力機構)からの委託事業「ホーチミン工業大学重化学工業人材育成支援プロジェクト」を受けてベトナムへの支援を行っています。

 この度、米子高専では11月21日(月)~22日(火)に「化学系エンジニアリングデザイン教育コース」の研修生6名の受け入れを行いました。宇部高専にて14日(月)~18日(金)の日程で研修を終えた研修生に向け、授業・実験実習の様子や本校設備の見学、本校を卒業したベトナム人留学生OBによる講演など多彩な内容の研修を実施しました。

  研修生からは、高専の高度で実践的な設備と学生の主体的な研究活動について驚きの声が聞かれ、ベトナムでもぜひ実践的・主体的な教育を根付かせたいとの感想が述べられました。

 専攻科の創造実験を実際に体験する研修生一行

 専攻科の創造実験を実際に体験する研修生一行 

本校卒業生 ファム・チュン・ヴォン氏による講演本校卒業生 ファム・チュン・ヴォン氏による講演

 研修の締めくくりとして、JICA中国の研修業務課長 吉成様、宇部高専副校長 日高先生ご臨席のもと、本校校長補佐(国際交流) 香川先生より一人ひとりに研修の修了証書が手渡されました。

修了証書を手にする研修生一同

修了証書を手にする研修生一同 

 米子高専では、今後とも、このような国際社会の発展に寄与する研修生の受け入れを行っていく予定です。