米子高専放送部の3年電子制御工学科植木祐哉君と3年建築学科の山田ゆかりさんが、3月16日にパレスホテル東京で開催された高専の国際展開シンポジウムおよびレセプションの司会進行を務めました。

 シンポジウムの正式タイトルは「高専 is KOSEN 日本の高専から世界の高専へ 高専の国際展開シンポジウム」。5年一貫で工学教育を行う高専システムの海外での展開について、現状や未来戦略を語り合うシンポジウムです。モンゴル、ベトナム、タイからの来賓や国会議員の方々、文部科学省の関係者、各高専における国際交流などの担当者の方々が一堂に会した非常に規模の大きなイベントでした。シンポジウム後のレセプションの司会も務め、合計4時間に亘る長時間のミッションとなりました。司会を務めた両学生は、緊張の中、日頃鍛えたアナウンスで登壇者の紹介やイベントの進行を行い、ミスなく大役を果たすことができました。

 

参考:ITジュニア育成交流協会 「高専教育システム、海外展開のいま――高専機構がシンポジウム」 https://www.ajitep.org/20180323-education-sys/

 

5-3 

  2 1 

    3 4