米子高専では、平成31年4月26日(金)に鳥取県・バーモント州青少年交流事業により、バーモント州のエセックス高校より派遣されたウパマ カティウォダさんの受け入れを実施しました。ウパマさんは、昨年度本事業によりバーモント州へ派遣された3年物質工学科の田中佐和子さんのお宅で4日間ホームステイを行っており、26日に本校の授業に参加しました。

  当日は、英語総合、応用物理、音楽、有機実験の授業に参加し、昼食も学生たちと取るなど、交流を深めることができました。また、キャンパスツアーや英語総合の授業内に行われた学生による英語での高専・日本の紹介により、米子高専や日本についても理解してもらえたようでした。

 1
英語総合でのウパマさんによるバーモント州の紹介

 

2本校学生(3年物質工学科)による英語での鳥取県の紹介

 

3
昼食の風景

 放課後には、当日行われていた海外研修説明会にも参加し、田中さんとともに参加者の前で今回の学校訪問を通じての感想を述べてくださいました。

 4
海外研修説明会での発表風景  

 今回のウパマさんの受け入れは、一緒に授業を行った3年物質工学科・2年電気情報工学科をはじめとした本校の学生たちにとって、同年代の学生との交流を通して海外文化や外国語を身近に感じることのできる非常に貴重な機会となりました。
 米子高専では、今後も鳥取県等の外部機関とも積極的に連携し、このような学生間の国際交流を推進していきます。