昨年から工事していたJR米子駅前地下駐車場が2019年8月1日にリニューアルオープンしました。
 工事では老朽化した機械式設備が撤去され、リニューアル後は平面駐車となりましたが、その他にも大きな変更点として、殺風景だった壁面に誘導の案内サインなどを入れて明るく親しみやすくわかりやすい駐車場空間となったことも挙げられます。そのデザインに建築学科学生の案が採用されました。
 学生の案は2010年の専攻科建築学専攻の授業課題として取り組んだもので、指導は熊谷教員(現在米子高専名誉教授)と細田教員(現在島根大学教授)が担当し、また、当時デザイン案を作成した学生は島根県庁や広島の設計事務所に現在勤めています。
 2019年7月24日にはリニューアルオープンを前に関係者による見学会が行われ、後輩にあたる建築学科4・5年生数名(高増研究室)が出席しました。

 デザインを採用いただいた米子市の関係者や工事を担当いただいた方々にお礼申し上げるとともに、今後ご利用いただく多くの方々に親しんでもらえましたら幸いです。

 

米子駅前地下駐車場