令和元年9月27日(金)、鳥取県西伯郡南部町でジェラート店 pa cherry b. (パッチェリービー)を経営する 益村 千代 先生を招いてキャリア(活躍する女性ロールモデル)講演会が開催され、4年生を中心に約200人の学生および教職員が聴講しました。
 講演は「ジェラートは甘い科学 “-アナウンサーから起業への道のり-”」というタイトルで、FM山陰のアナウンサーから転身して起業し、ジェラート店経営に至った経歴と今後の夢を語りました。アナウンサーの仕事に真面目に取り組む中から、ジェラート店を経営する夢が生まれ、悩みやつらいことを乗り越えて夢を実現してきた姿勢は、学生たちの参考となったようです。
  学生からは、「自分の生き方自分で決めていてかっこいいと思った。」、「この講演を聞いて夢のために積極的に行動しようと思った。」といった感想が聞かれました。
 南部町で開店する郊外型ジェラート店だからこその強みを活かす経営、地域の発展を日本中に広げて行きたいという思いに共感し、起業を目指す学生が育ってくれることを期待します。
 米子高専では、今後も地元企業の方々と協力しながら、さまざまな進路選択に関する情報を学生に提供してまいります。

 キャリア支援室、男女共同参画室

1

講演の様子