本文へスキップ

 取り組み

「身近な植物画」展

 学生の教養を高める取り組みの一環として、2017年11月7日(火)~12日(日)に図書館交流プラザで開催しました。
 植物画(ボタニカルアート)は、植物の標本画が起源で、できるだけ忠実に植物の特徴を描くとともに、芸術的な美を表現しようとするものです。
 今後、技術者になって行くためには、文化や芸術に造詣が深いことは必須になって行くと思われます。そして技術者ではなくとも、文化や芸術と無縁の生活では無味乾燥な毎日になるのではないでしょうか。

「簿記講座」の開講

 経営・ビジネスに関する知識やスキルを身につけて、経営・ビジネスにも明るい技術者になってもらいたいと考え、4・5年生を対象に、「日商簿記3級」の検定試験合格を目指した講座を開講しました。
 外部講師(㈱インサイト・池田真莉香氏)による全12回(2017年12月14日~18年2月2日、16時10分~18時40分)の講座で、27名が受講しました。
 受講の動機は、資格取得やスキルアップ、簿記への興味などが多く、受講してみて、「全く知らない分野について学べた」、「とても新鮮に感じた」などの感想が寄せられました。
 実際に9名が3級(2月25日実施)を受検し、2名が合格しました。

米子高専 リベラルアーツセンター

〒683-8502
鳥取県米子市彦名町4448
TEL 0859-24-5028
E-mail gakujo@yonagok.ac.jp