電気情報工学科

AI・プログラミングから
新エネルギーまで幅広く学ぶ!

002-02-01.jpg

情報ネットワークと新エネルギー!

学習できる内容

「コンピュータ」「情報・通信」「エネルギー」「電力」「電子デバイス」と幅広い分野を学習できます。そして、コンピュータ・シミュレーションなどの情報ネットワーク技術を活用することで、先端の電気・情報系技術者を目指します。

研究分野

卒業研究において「次世代電気自動車」や「スマートフォン/クラウドシステム」「スマートグリッド」など新技術の開発を行っています。また、「省エネ新素材」「ナノテクノロジー」「音響システム」などの最先端の研究にも取り組んでいます。

卒業後の進路

就職先は情報・通信(NTT等)、電器・電子(東芝等)、電力(中国電力等)、電機(三菱重工、JR等)、地元企業(リコー、鳥取大学、鳥取県産業技術センター等)と非常に多岐にわたっています。そのため、選択肢も幅広く不況時でも多数の求人があり安心です。

資格取得

本学科を卒業後に実務経験を積むだけで国家資格の「電気主任技術者」「電気工事士」を無試験で取得できます。

002-02-03.jpg

近未来型4Dバーチャル技術

002-02-04.jpg

プログラミング・ICT技術

002-02-05.jpg

次世代電気自動車

002-02-06.jpg

超伝導材料の開発

 
 

電気情報工学科

米子高専は既設の5学科を1学科・5コース制に再編します。

電気電子コース

上へ戻る